スタッフブログ

東京と大阪で開催されたテート美術館展「LIGHT」について今更ながら語ってみる。

東京と大阪で開催されたテート美術館展「LIGHT」について今更ながら語ってみる。

東京と大阪で開催されたテート美術館展「LIGHT」について今更ながら語ってみる。中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランドと世界各国を巡回してきた展覧会の最後が大阪・中之島美術館で1月14日に閉幕しました。入場者数は、東京20万人、大阪10万人越えとかなり盛況だったようです。この展覧会は、テート美術館のもつ膨大な作品群から「光」をテーマにしてキュレーションした展覧会で、自然の光、崇高な光、光の効果などの視点で構成されていました。その感想などです。

東京と大阪で開催されたテート美術館展「LIGHT」について今更ながら語ってみる。

東京と大阪で開催されたテート美術館展「LIGHT」について今更ながら語ってみる。中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランドと世界各国を巡回してきた展覧会の最後が大阪・中之島美術館で1月14日に閉幕しました。入場者数は、東京20万人、大阪10万人越えとかなり盛況だったようです。この展覧会は、テート美術館のもつ膨大な作品群から「光」をテーマにしてキュレーションした展覧会で、自然の光、崇高な光、光の効果などの視点で構成されていました。その感想などです。

「モネー連作の情景」展で心打たれました。オススメグッズも紹介します。閉幕。合計入場者数は?

「モネー連作の情景」展で心打たれました。オススメグッズも紹介します。閉幕。合計入場者数は?

「モネー連作の情景」展についてのレビューとオススメグッズを紹介します。会場の上野の森美術館へ足を踏み入れると、そこはモネ作品100%の展示でした。この素晴らしい展覧会で感じたのは、モネの作品が放つ情熱とエネルギーだったのです。

「モネー連作の情景」展で心打たれました。オススメグッズも紹介します。閉幕。合計入場者数は?

「モネー連作の情景」展についてのレビューとオススメグッズを紹介します。会場の上野の森美術館へ足を踏み入れると、そこはモネ作品100%の展示でした。この素晴らしい展覧会で感じたのは、モネの作品が放つ情熱とエネルギーだったのです。

大阪府堺市にあるアルフォンス・ミュシャ館へ再訪問。ちょっとだけグッズも紹介。

大阪府堺市にあるアルフォンス・ミュシャ館へ再訪問。ちょっとだけグッズも紹介。

大阪府堺市にアルフォンス・ミュシャ館で開催中の「ミュシャとパリの画塾」という企画展を見に行ってきました。ポスターデザイナーとして一躍有名になったミュシャですが、それ以前には画塾の先生をしっかりやっていたという。そのことから日本人留学生との接点も展示内容には含まれていた。そのレビューを書いています。

大阪府堺市にあるアルフォンス・ミュシャ館へ再訪問。ちょっとだけグッズも紹介。

大阪府堺市にアルフォンス・ミュシャ館で開催中の「ミュシャとパリの画塾」という企画展を見に行ってきました。ポスターデザイナーとして一躍有名になったミュシャですが、それ以前には画塾の先生をしっかりやっていたという。そのことから日本人留学生との接点も展示内容には含まれていた。そのレビューを書いています。

ボタニカルアートやウィリアム・モリスのデザインなど花の絵の世界を覗き見しましょ。その2。

ボタニカルアートやウィリアム・モリスのデザインなど花の絵の世界を覗き見しましょ。その2。

ボタニカルアートの世界を深掘りしながら、主にヨーロッパの文化に触れいく内容です。フランスが「花の帝国」と呼ばれていた時代から、イギリスへ移りウィリアム・モリスへとつながる様子を簡単に記しています。

ボタニカルアートやウィリアム・モリスのデザインなど花の絵の世界を覗き見しましょ。その2。

ボタニカルアートの世界を深掘りしながら、主にヨーロッパの文化に触れいく内容です。フランスが「花の帝国」と呼ばれていた時代から、イギリスへ移りウィリアム・モリスへとつながる様子を簡単に記しています。

ボタニカルアートとゴッホやモネの描く花の絵との違いってなんだろう。

ボタニカルアートとゴッホやモネの描く花の絵との違いってなんだろう。

ボタニカルアートとはどんな絵のことの指すのか?ゴッホの《ひまわり》やモネの《睡蓮》は当てはまるのか?いつから花が主役の絵画が描かれ始めたのか。歴史深くて、幅広い花の世界について書いています。

ボタニカルアートとゴッホやモネの描く花の絵との違いってなんだろう。

ボタニカルアートとはどんな絵のことの指すのか?ゴッホの《ひまわり》やモネの《睡蓮》は当てはまるのか?いつから花が主役の絵画が描かれ始めたのか。歴史深くて、幅広い花の世界について書いています。

「ゴッホと静物画ー伝統から革新へ」レビュー&オススメグッズ紹介&時間延長情報の追記などあり

「ゴッホと静物画ー伝統から革新へ」レビュー&オススメグッズ紹介&時間延長情報の追記などあり

東京の新宿にあるSOMPO美術館で開催中の「ゴッホ 静物画ー伝統から革新へ」を鑑賞してきました。この美術展、実は2020年に開催予定でしたが、コロナ禍によって延期されようやく日常を取り戻した2023年の秋から開催となりました。 今回は、ゴッホが油絵を始めてから、静物画を描くことで、影のつけ方や、立体感の出し方、色の組み合わせなどを勉強していました。その頃の作品とその周辺の作家の作品の展示についてのレビューです。「追記」記載しました。福島県立美術館での大ゴッホ展についてです。

「ゴッホと静物画ー伝統から革新へ」レビュー&オススメグッズ紹介&時間延長情報の追記などあり

東京の新宿にあるSOMPO美術館で開催中の「ゴッホ 静物画ー伝統から革新へ」を鑑賞してきました。この美術展、実は2020年に開催予定でしたが、コロナ禍によって延期されようやく日常を取り戻した2023年の秋から開催となりました。 今回は、ゴッホが油絵を始めてから、静物画を描くことで、影のつけ方や、立体感の出し方、色の組み合わせなどを勉強していました。その頃の作品とその周辺の作家の作品の展示についてのレビューです。「追記」記載しました。福島県立美術館での大ゴッホ展についてです。